翔工務店にはこだわりがあります。腕が確かな大工がいる地元の工務店。あなたの家造りを、しっかりサポートします。注文住宅からリノベーション、リフォームまで何でもご相談ください。また、不動産部を併設していますので、土地探しから資金計画、建築までトータルでお手伝いいたします。

注文住宅

こだわりのある家づくり

家を新しく建てるということは、ほとんどの人が一生に一度の大きな買い物になるはずです。だから工法にこだわりたい、地元産の建材にこだわりたい、デザインにこだわりたいなど、人それぞれに想いがあるはずです。大手住宅メーカーでは叶えられない、そんな想いを叶えられるのが地元の工務店だと思います。そして、その想いを叶える一助になれる工務店でありたいと思っています。

スーパーウォール(高性能住宅工法)

スーパーウォールの家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。LIXILが提案する住まいの形です。在来工法と組み合わせることで、コストと性能面を両立させます。

当社は LIXILスーパーウォール工法(SW工法)加盟店となっております。

スーパーウォール工法(SW工法)の特徴

  1. モノコック構造が、地震・台風など自然災害から家族を守る。
  2. 優れた遮音性能により、音のストレスから解放。
  3. 計画換気システムで24時間、いつもきれいな空気。
  4. 結露の発生を抑え、健康で長持ちする住まい。
  5. 高性能断熱材により、夏は涼しく冬は暖か。
  6. 家の中の温度差が少なく、ヒートショックも安心。

スーパーウォール工法・施工の様子

外壁面には隙間なく、断熱材を張っていきます。

屋根部分にも断熱材を、断熱材の継ぎ目には機密テープを張ります。

断熱材との隙間は、ウレタン(白い部分)で埋めます。

大きな隙間はウレタン処理、小さな隙間はコーキングで埋めます。

家全体を密閉した状態で機密測定を行い、隙間がないか確認します。

測定結果は数値化され、家全体に対しての密閉度が表されます。

機密測定には「減圧法」と「加圧法」の2種類があり、ほとんどの場合「減圧法」で測定されます。また、機密性能はC値で表すことができ、この数値が低いほど隙間の面積が少ない、つまり高気密であるといえます。高気密住宅という定義で一般的にいうと、C値が1以下である必要があります。ここでの測定値が0.537ですから、気密性は極めて高いといえます。

ちなみに海外でのC値の基準は、カナダで0.9、スウエーデンでは0.6~0.7以下とされているので、スウエーデンの基準をクリアしているといえます。

※)C値とは、「隙間相当面積」のことを指し、家にどの程度の隙間があるのかを数値化したものです。

施工例

町田・S様邸(2020年)

スーパーウォール工法の新築住宅です。高気密・高断熱構造なので、吹抜けなどの広い空間でもエネルギー効率が良く、冷暖房費も抑えることができます。

壁に埋め込まれているパネルが、スーパーウォールパネル(断熱材)、在来軸組み工法に対応しています。

デザイナーズ・アパート(2019年)

キャットウォーク、ウォールシェルフの付いたペットと一緒に暮らせるデザイナーズアパート、開放的な空間です。

保証制度

工事期間中の火災・損害等に対する保険、地盤保証、住宅瑕疵担保責任保険(まもり住まい保証)に加入していますので、安心してご利用いただけます。

ミラブル正規販売店

ID:03S087314S05

住まいの健康診断

クルマの安全を保つために定期点検が必要なように、住まいにも定期的な点検が必要です。住まいの点検項目「おうちの健康診断」をご用意しました。下のリンクボタンからダウンロードしてご活用ください。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)
不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】
不動産・住宅の購入・検索はO-uccino
LIXIL ウェブサイトへ